ゲーム実況・動画制作の使用機材を紹介するよ【オススメ商品レビュー】

はいどーも、ゲーム実況者のあにーです!

今回は実況に使っている機材を紹介したいと思います。僕の動画は1080pの60fps(レンダリング時は4K)で、声の録音環境もオーディオインターフェースをかましているので、かなりクオリティの高いものになっています。

これからゲーム実況を始める方、実況じゃなくても動画編集をされてる方には参考になると思います。よろしくお願いします!

Contents

PC

ということで、早速機材紹介!

まずはゲームプレイ画面録画及び動画編集用PC、ガレリアXF。こいつがなければ仕事になりませんww(仕事なのか?)

デスクトップPCに詳しいわけではないので、細かいスペックはドスパラの公式ページを読んで欲しいのですが、今のところこいつがいれば活動に一切不備はないです。買ってよかった。

ちなみに僕とオットー博士で1台ずつ持ってます。買い替えるまでに、2000×2本くらいは動画を作りたいですね(真顔)

GALLERIA XF(ガレリア XF)8374|ゲーミングPC|BTOパソコンならドスパラ公式通販サイト


キャプボ

そしてゲーム画面を録画するキャプチャーボードとして、AverMediaのGC573!こいつは超高性能だけど、デスクトップPCにしか接続できません。(USBじゃなくて、なんちゃらExpressっていうスロットにしか入らん)

正直同じAverMediaの製品でも、USB接続のものを使ってた時代にはめちゃくちゃ辛酸を舐めされられましたw特にゲームの音が録れてなかった時に、各BGMをダウンロードして、全て挿入。そこまでしてふつーに録るのより効果音がない分残念という・・・。地獄。

USB接続のものは比較的新しいやつでも1時間に1回3秒飛ぶとか平気であったので、オススメしません。気をつけてね!!


編集ソフト

後は編集ソフトか。難しいことは分かりません、誰でも簡単編集、PowerDirectorにお世話になってます。

結構長い間15を使ってたんだけど、少し前に18にアップデートしました。めちゃくちゃ使いやすい!

一応MacのファイナルカットとEdius?だっけ?を使ったことあるけど、少なくとも僕がやるようなシンプルな編集ではPowerDirectorで十分。ていうか機能を見てる限り普通に高性能だから、ほとんどの人はこれで十分なんだと思う。

実写系YouTuberがやたらMac推すけど、あれってファッションじゃないん??(無知)


録音機材

さて、映像系が終わったので次は音声。

僕は以前DTMをいじっていた事もあり、迷わずCubaseというDAWを選びました。(DAWが分からん人はググろう!ググり力は現代を生きる力)

機材はSteinbergのUR22mkⅡ。マイクが2本挿せるので、2人実況でも完全同期録音!

マイクはSM58ですね、知る人ぞ知る超定番マイク。ダイナミックマイクなんですが、それでもちょっと音拾いすぎw

これらの機材で完成する動画の画質、音質は設定にもよるのですが、現状コードヴェインの実況動画が一番クオリティが高いと思われます。

よかったら確認してみて下さい!


おわりに

こんな感じですかね。他にもあったような気がするけど、また気づいたら追加していきます!

別に僕の環境が絶対に正解ってわけじゃないし、なんだったらこれよりはるかに安い機材でも実況はできます。僕も最初はノートPCでやってたし。

ただ続けていく内に、色々やりたいことに合わせてカスタマイズしていったらこうなりました(笑)参考になったら嬉しいです!

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったら、ぜひ家族・友達にも教えてあげよう!ブックマークもよろしく!
Contents
閉じる