【Apex Legends PC】国内外の有名プロ・ストリーマーの感度を分析!オススメの最適解はコレだ!【初心者向け】

今回は、感度について話していく。

この項目もキー設定と合わせて、中級者以上の人は既に、自分に合った数値を把握して、それに対する慣れを深めていく時期にあると思う。

しかしその一方で、いつになっても「もっと良い感度があるのではないか」と思い、微調整してしまう項目でもある。


そこで今回は、結果を出しているプロ・ストリーマーのみに焦点を合わせ、Apex Legendsにおける感度の理論値(理論上最適な値)を算出していく。

もちろん、設定というジャンルである以上、究極「本人が使いやすい数字が一番」であることは否めない。ただ、Apexが一定のルール・マップ・武器・キャラの能力で戦うゲームである以上、大部分の人間に当てはまる最適解は存在する。


この記事では、それを明らかにすることで、初心者はもちろん、中級者以上の人も、改めて感度を見直すきっかけになるとうれしい。

それでは始めよう。


※1 この記事で紹介している各プレイヤーの感度設定は、プロのデータのリストだけでなく、個別の名前で検索して出てきた数値も使用している。

※2 もう修正されたかもしれないが、Steamで起動するのとOriginで起動するのとで、若干感度が異なるという情報がある。(Steamだと0.2ほど高くなるとか。)感度を取り上げているのは競技選手も多いので、この記事の基準はOrigin起動の感度だという事にご留意いただきたい。

Contents

結論

設定系の記事でいつもやっているように、まずは結論から述べる。

感度設定の数字は全てDPI400基準。(記載がややこしくなるので)

他の感度の人は、都度変換して読み進めてほしい。


キーワードは3・2・1だ。

  1. DPIは400(or 800)。
  2. 振り向き感度の基準値は3.0
  3. そこからやりにくくない範囲で下げていき、2.0くらいまでに収める。
  4. ADS感度の倍率は1.0でいい。

さらに、

当ブログの分析による結論感度

体格・マウスの持ち方・プレイスタイル等、諸条件を度外視して、手っ取り早く最強の数字が使いたい人は、2.4・1.0でプレイし、そこから微調整すると早い。

理由は『振り向き感度』の「低感度の有名プレイヤー」にて。

※高感度については、記事内で別途ふれる。


とてもシンプルなまとめになってしまったが、分析に使ったデータはたくさんある。

順に紹介していこう。


DPI

まずDPIだが、これは400か800ならどっちでも良い。

知っておくべきは、数字が上がるほど、同じ振り向きの数値でも感度が高く感じられるということだ。

これはDPIの構造を考えれば分かるが、1inch(2.5cm程度)をいくつに分けているかということなので、極論を言うと1とか2ならばめっちゃ動かしてやっとガクっと動き、10000とかに分けると、ものすごく滑らかに動くということだ。


これだけ聞くと高DPIの方が強そうなものだが、実際は人間の意図と手の動きには若干の差異があり、生きてるだけで動かす気がなくでも0.数mm動いてしまっているということを考慮すると、高すぎるのは意図と違う動きを生んでしまう。

また、技術が発達したにも関わらず、マウスの精度の測定をすると、高DPIではセンサーが追い切れておらず、飛んでしまうという事象も起こるようだ。


細かいことを書いたが、色々試したはずのプロのほとんど400か800にたどり着いているので、間違いない。

私も色々試したが、400か800を好みで選べば問題ないと思う。(普段使いでも便利なのは800。)


振り向き感度

振り向き感度の基準値を3.0にした理由だが、知っている人も多いように、Apexのプロ・ストリーマーシーンにおいて、感度3.0はめちゃ多い。(振り向き17.32cm。)

名前を挙げると、CR=Ras、LG=ShivFPS、NRG=Mohr・LuLu、SCARZ=Mande、Alpine=Euriece、CLG=ImMadness、RIG=Templex、そしてストリーマーのiZeroplus、他多数。日本でもDTNのAlelu・Leia・Mukai・YamatoN等。

なので、基本この感度にしておけば間違いないのだが、プロなどの上級者以外にしてみると、この感度は基本的には少し高め。FPSのプレイ時間が長く右手の感覚が繊細な人だからこそ、使いこなせる数値だと言える。(特に腰うち時)

低感度の有名プレイヤー

ここで、プロの中でも一握りの“めちゃくちゃ強い人たち”に焦点を合わせると、上記以外の人達は、ごく一部の”外れ値”を除き、基本低感度でプレイしていることが分かる。

名前DPI感度振り向き備考
Sweetdreams4001.730.56cm競技シーン・ランク共にトップレベル
Stormen4001.730.56cmキルクリップ集での採用が多数
Reps4001.828.86cmTSMの何でも屋
ImperialHal4002.025.98cm世界一の司令塔
Rogue4002.322.59cm競技シーン・ランク共にトップレベル
Karonpe4002.322.59cm韓国トップ・T1のメンバー
Zachmazer4002.322.59cmプロチーム・Cloud9の選手。IQ173
Wokka4002.322.59cm 日本人ながら世界MVP取得(R6S)。才能×努力
ParkHa 400 2.421.65cm 韓国トップ・T1のIGL
Selly8001.221.65cm Mr. ウイングマン。感度は頻繁に変える。
Aimbot69748001.221.65cm クランgosu所属のプロ。綺麗なプレイング
Lyr1c4002.421.65cmムーブメントの神。画面は16:10引き伸ばし
Crylix4002.421.65cmTSM・NRGを全滅させた。キャラコン〇
Taisheen4002.520.78cmSCARZに移籍、キルクリップの人
obly400 2.5 20.78cm アジア最強の呼び声も高い、T1のエース(?)
Cpt8001.319.98cmCR所属のストリーマー
Lou4002.818.56cm100000RPの男・トッププロ
Mondo4002.818.56cm CR所属のストリーマー
Zeder8001.4617.79cmRas・Sellyと共に戦う。高速ジブの異名も
低感度の猛者たち(感度低い順)

この中でも、実績・動画から特に強いイメージがあるのが、太字&黄色マーカーの面々。(競技勢優先)

ご覧の通り、2.4は数的にも多い上強いプレイヤーが固まっており、かつ2.3・2.5という両隣りに、アジア最強T1の2人がいる。

(Parkha2.1→2.4より、2.4自体にもT1メンバーが入った。また、“世界のWokka”追加により2.3も多数派に。)

冒頭の結論にあえて「最適解は2.4」と断言したのは、上記の理由に加え、この表+多数の3.0使用者の、ほぼ中央値になっているからだ。

(3.0勢は太字選手のみ換算、26名中13・14位は2.4と2.5→2.45。ちなみに、リスト選手19名のみで中央値を出しても2.4。)

表の感度2.0以下に、欧米で特に強いプレイヤーが集まっており目を引くが、これぐらい低感度になってくると、多少腕のリーチがあったり外国人特有の上半身が厚めでタフな体型でないと、しんどい場合がある。

(例えば、ImperialHalは185cmあるしRepsは筋肉マン、Sweetもちょっと丸い感じがする。もちろん、アジアのプロ・ストリーマーで超低感度の人もおり、絶対ではない。)

それらも考慮して、日本人の閲覧が多いこのブログの結論に、2.4は妥当だと判断した。

また、感度2.0~3.0の間には、だいたいどの数値にも有名プレイヤーがいるような状況だ。この間に自分の感度が当てはまっている人は、安心してそのままプレイを続けてほしい。

豆知識として、日本の有名ストリーマー・釈迦さんも、体調によるパフォーマンスの差が少ないとして、低感度を推奨していることも覚えておこう。

高感度の有名プレイヤー

しかし、世の中にはとてつもない人々がいるもので、理論上相手に弾を当てられる右手の物理的範囲が少なく、不利なはずの高感度で、無双してしまうプレイヤーがいる。

しかも、視点移動が速いため動きがダイナミックに見え、その結果クリップが伸びて有名になった人たちも、下記リストには多い。

名前DPI感度振り向き備考
Faide17000.815.28cm1VS3の名手。ADSしながら振り向く。
rocker8001.715.28cm NRGのジブラルタル担当
Aceu8001.814.43cmCS:GOで有名に。キャラコン世界一
Albralelie8001.814.43cmセンス◎、パスファの人
Nafen8001.814.43cmNRGの火力担当
iiTzTimmy18001.110.50cm9000ダメージ・一日でソロマスの男
高感度の猛者たち(感度低い順)

しかし、ご覧のとおり人数的には少ない。プロの設定リストには他にも高感度の人はチラホラ見かけるが、低感度のリストに対抗できるほどの強さ・ネームバリューを保持しているプレイヤーは、上記に限られる。

彼らに憧れて高感度の設定にしている人も多いかもしれないが、このように統計的に見ると、感度3.0以下に設定して上手くいくパターンの方が圧倒的に多い。

日本でも、Stylishnoobという化け物が、昔振り向き2cmで活躍しており、現在でもTimmyと同じDPI1800でプレイしている(詳細な感度は公表されていない)が、これも外れ値の一種だと思う。

(ただし、名前を見ると分かる通り、高感度で強い人は、全員べらぼうに上手いため、極めると強い数字とも取れる。)

これらのデータを元にして、冒頭結論の設定指針ができた。

一応、3.0より感度を上げる場合は、Timmyの存在がある以上、振り向きの最低値は10cmだと考えよう。

しかし、異例中の異例として、オススメはしない。


ADS倍率

ADS倍率の話は、非常にシンプルだ。Rasは下げる、他のプロは下げない(笑)

つまり、世界レベルにうまい人でも400DPIで言う3.0より低くしているし、3.0より低い人は、そのまま1にしている。

感度が高い人も、掛けた結果、2.0台であれば問題ないと言える。

低感度の人

まず、低感度(3.0以下)でやっている人は、1.0でいい。

ADSの場合理論値が振り向きの時より下がるが、それが元々の2.0台なので、問題ない。

高感度の人

問題は高感度の人だ。件のRasが3.0×0.7=2.1。

そこで、振り向き感度が3.0以上の人は、ADS感度だけでも2台に下げておくことを強く勧めたい。

(ADS時に自然に下がる感度については考慮しない。それを含めての参考対象=プロの設定だ。)

ADS倍率は非常に便利で、速い振り向きと精密なADS狙撃を両立することができる。

特に視野角が狭めの人は視点変更の速度をあらかじめ速くしておかないと間に合わないので、その分ADSの感度を遅くしておこう。

ちなみに有名プレイヤー中最も高感度だったiiTzTimmyはADS倍率1.05

これは振り向きとADSの感度の感覚を近づけたいという意図だと思うが、以前調べたところ、振り向きと全く同じにするためには、もっと速くしないといけなかったはずだ。(1倍スコープで1.3倍程度)

なので、やはりTimmy独自のフィーリングによるものだろう。あまり参考にしない方が良いと思う。


おわりに

というわけで、今回は有名プレイヤーたちの感度を分析し、我々凡人でも勝てる可能性が高くなりそうな設定を分析した。

色々考えてみたが、僕はやはり低感度が強いと思う。相手に弾が当たる物理的な範囲が大きいのはもちろんのこと、ここまで読んできてくれた諸君は分かってくれると思うが、統計的に明らかだ。

試しにRepsSweetdreamsのような、かなりの低感度も試してみたが、慣れるまで合わせるのが遅くなるだけで、使い始めからかなり当たる。

なので、やりにくくない限界まで、3.0から下げていく。もしくは、当ブログ推奨の2.4から始めて、微妙に上げ下げして調整する。これらが最適感度への近道だとして、この記事は終わりにしよう。

他のApex記事にも、僕がタメになると思ってシェアしている情報がたくさんある。ぜひ参考にしてくれると嬉しい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったら、ぜひ家族・友達にも教えてあげよう!ブックマークもよろしく!
Contents
閉じる