記事の改訂情報はこちら!!クリックで開きます

【FPS】ペンタブでApexをプレイしたら強いのか?【エイム・感度・キー設定】

  • URLをコピーしました!

ある時、以下の動画を観て、自分でもペンタブでApexをしてみた。

これはその時に学んだことのメモである。

※僕のペンタブは、動画のように左手に色んなキーを入れずに済む製品だった。キー設定に関しては後述する。

Contents

ペンは安定しない

ペンは軽すぎて安定しない。基本的に視点がガクガクしてしまう。

保持するために使える指や手の平の面積が小さすぎて、力の行き場がない感じ。

2つのボタンを押し分ける都合もあり、普通のペンの持ち方ではなく、いびつな握り方をしてしまう。

よって、5本指でしっかり掴めるマウスの形は、実は優秀だったという事が分かった。

もっとも、ゲーミングペンタブみたいなものを開発し、あえて重くすれば解消できるデメリットではある。

自分で改造する場合は、重心がずれてしまうので難しそう。(ロジクールさん、出番ですよ)

キー設定

製品によるのだろうが、僕が使ったWACOMのペンは、上下2つのクリックができるものの、それらの同時押しが構造上不可能だった。

(片方を押すともう片方が浮いてしまい、押しにくい。というか押せない。無理やり押すと壊れそう)

よって、ADSを切り替えでしか使えず、純粋な意味でマウスと比較できなかったのが残念だ。

フットペダルを使って何とか無理のないキー配置をしようと思ったが、慣れてなさすぎて無理だった。

(個人的にフットペダルはめちゃくちゃ使いにくいので、パッドの時、漁りでレレレするのも面倒でやっていない。上体の重心がブレて不安定な感じがするので、とっさの際にエイムできない気がする。)

Rasの感度になった

非常に興味深かったのは、ペンタブで使いやすい感度を模索すると、Rasと全く同じ感度になった。

(振り向き17.32cm・ADS倍率0.7ペンタブの滑走面がXLのマウスパッドと比べると相当狭く、仕方なくこうなった感じではあるが。)

これは、Rasの握り方が、人差し指を少し曲げる“なぞり持ち”である事と、関係ありそうだ。

マウスを鉛筆感覚で使えている人実際に鉛筆(ペンタブ)を使っている人がたどり着く感度=17.32cm・0.7。やはり最適解に近いのかもしれない。

結論

僕の結論としては、FPSでペンタブを使っても強くはならない

細い棒は安定して持つのに向いておらず、握りながら2つのボタンを操作しなければならないとなると、なおさらだ。

ただ、マウスというデバイスがFPSゲームに非常に良いことが、相対的に導き出されたのは面白かった。

「鉛筆感覚の感度」も何かのヒントになるかもしれない。

今回は以上だ。

  • URLをコピーしました!
Contents