全記事一覧

最も重要なことを朝一番にすると人生が一変する話

  • URLをコピーしました!

それができたら苦労はせん、という話をしたい。

僕は海外の同世代から少し上くらいの、YouTuberの動画を観るのがけっこう好きだ。(年上に見えるだけで若い可能性もあるが)

で、最近観た中で、「コレ、俺も思いついてたけどけっこう難しいよな」という項目があったので、読者にも確認してほしい。

Better Ideas」は、ビジネスと自己啓発の中間くらいに位置するチャンネルで、話し方と動画製作が上手く、非常に完成された作品を公開している。

その中でも、動画「7 things that (quickly) cured my procrastination」(サボりが(即効で)治る7つの手段)の冒頭で言っている、「朝にカエルを食べてしまう」はめちゃくちゃ重要で、僕も以前から気づきのノートにしたためていた。

カエルとは、あなたが今一番やっかいだと思っている事柄のことで、それをやらない限り、一日中頭の片隅につきまとう類のものだ。

そして、そのカエルに関して述べたのが、以下のマーク・トウェイン(アメリカの文豪)の引用。

“If it’s your job to eat a frog, it’s best to do it first thing in the morning…”

“…and if it’s your job to eat two frogs, it’s best to eat the biggest one first.”

Mark Twain

直訳すると、「もし君の仕事がカエルを食べることならば、朝一番にやってしまうのがよろしい。

そして、もし2つのカエルを食べなければならないなら、大きい方を先に食べてしまおう。

もちろん、仕事が大好きで毎日楽しみなら、言われなくても朝一番にするのかもしれない。

ただ、僕達は様々な事情があり、好きではないが得意なことをやっていたり、そもそもやりたくないことをやらなければならない時だってある

そんな時、朝一番の「一日で最も頭が良い時間帯」に、まだ頭が起ききっていないので余計な邪魔(遊んだり、何かしらに気を散らされること)に干渉されず、比較的短時間で集中して物事を終わらせてしまうのは、当然最も合理的な方法論だ。

僕もコレができていた時期があり、午前中だけで執筆関連のタスクが終わってしまった日は、たしかに爽快な気分で午後を過ごせた。(最近は別のことで忙しいのであまり書けていない。というか原稿がたまっているのに投稿できてない)

だが、最近は読んでいる本が面白くて、つい日課の洋書読みが終わった後に、日本語の本に手を伸ばしてしまう。(今は言語の特性ごとにメディアを変えることにしているが、いずれ書こう)

すると、そこまでで頭の回転が最も良い時間帯が過ぎ去ってしまい、執筆するというエネルギーの要る営みに必要なだけの馬力がなくなり、終日先延ばしにしてしまうことすらある。

よって、経験上、コレさえできれば無敵である人生の過ごし方だが、実現するのは結構大変で、理想論的な所もありつつ、自分のこだわりや楽しみを捨ててコレができれば、人生が一変するほどの効力があるテクニックであると、ここでは言っておこう。

実際に朝一番に最も難しいタスクに挑戦するかどうかは、読者にお任せする。

(ただ、この記事を書いてしまった以上、自分がやらないでどうすると言った感じもあり、かつ、コレを知っててやらないと、やらなかった期間分、後で後悔することになる確信がある)

YouTubeの英語動画は、自動字幕の精度が良すぎて、既に全動画Netflix状態だ。(言い過ぎ)

たまには洋書やオーディオブック・Podcast以外にも、実際に人が喋っているメディアを観て、英語力を上昇させよう。

今回は以上だ。

  • URLをコピーしました!
Contents