【Apex Legends】米Amazonで買える背面ボタン付きXboxコンが安くてエイムアシストがかかりやすい!!【PowerA Enhanced Wired Controller】

Contents

結論

Amazon.com(アメリカの本家Amazon)で買える「PowerA Enhanced Wired Controller」が、背面ボタン有のXboxコンで、なんと5000円程度。(米Amazonのアカウントが必要)

Xboxコンはエイムアシストがかかりやすく(後に詳しく解説)、背面ボタンがあればスティック押し込みのボタン配置がいらないので、PS4コン+公式背面パドルに匹敵するオススメ度。

十字キーの配置やフィット感で好き好きが分かれるデメリットは健在なので、お忘れなきよう。

各コントローラーの詳しい使用感は、以下の記事で解説している。

※ちなみに、写真は載せていないが、PowerAはコードがある有線タイプのコントローラー。


PowerA Enhanced Wired Controllerのメリット

Xboxコンはエイムアシストがかかりやすい

何度も実験を重ねてみて、間違いないと思っている。

理由は、コントローラー固有のデッドゾーンがPS4コンより狭く、入力扱いになりやすいから。(詳細感度で同じような操作感にすると、デッドゾーン+3程度。)

例えば海外プロなど、Xboxコン使用者はクラシック曲線が多いが、これはデッドゾーンが多少高い方が、狭いデッドゾーンと相殺し、プレイしやすいため。

しかし、背面ボタンがあるモデルはScuffEliteコンなどの高額商品しかなく、敬遠されがちだった。(背面ボタンは、スティック押し込みのボタン配置をなくすために必須。スティックの寿命を延ばすため。)

背面ボタン付きコントローラーとして破格の安さ

背面ボタンは、最低左右に1つずつ必要。ジャンプと、右スティック押し込みに入れるなんらかのボタンを代用するため。

Eliteコンは、背面パドルが4つ付いているが高い。Scuffも同様。PS4コンも、背面パドルと合わせて買うと10000越え

PowerAなら、購入当時本体が4400円の送料が20ドルで、6500円だった。(エメラルドグリーンが一番安かった)

今現在(執筆時)、ブラックの本体が3400円まで下がっているので、5000円程で買えることになり、背面ボタン内臓コントローラーとしては、破格。


PowerA Enhanced Wired Controllerのデメリット

Xboxコンは持ちやすいとは言えない

PS4コンに慣れていると、少し持ちにくく感じる可能性が高い。特に、僕は左中指を常にL2ボタンに添えているが、コントローラーが薄いため、滑りやすい感覚がある。

個体差あり

僕が買った個体は、L1ボタンの作り付けが甘かったのか、通常のプレイではほぼ差し支えないが、飛行中に方向を固定して周りを見渡す際に、L1が外れてしまうことがあった。

Amazonの評価はかなり良く、向こうでは定番の商品のようだし、実際触ってみて、本物のXboxコンと大差なく感じた。しかし、このあたりの個体差に関しては、若干「安かろう悪かろう」的側面があることを留意されたし。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったら、ぜひ家族・友達にも教えてあげよう!ブックマークもよろしく!
Contents
閉じる