普通の大学生が2年で英検1級レベルになった方法

はいどうも、あにーです。

今回は、大学時代に英語力を爆上げした方法について話していきたいと思います。

英語については、今僕が朝晩にやっている習慣について書きましたが、それだけでメキメキ伸びている背景として、やはり大学時代に培った基礎力が大きく影響しています。

記事を書く順番が逆になってしまった気はしますが、本記事で書くやり方を2年程度続け、英語という言語の大まかな所を会得し、その後大量に生のメディアに当たっていく、というのが僕がやってきた方法です。

体感としては、今、脳がネイティブスピーカーの10代に非常に近い状態になっており、ここから、触れる本や音声のレベルを自分が日本語でやってきたように自然に上げていく、いわば英語版の(読み聞きして楽しむという行為における)人生を再体験していくという過程の最中にあると思っています。

(編集後記:ポケモンクローバーの生配信でだいたいの英語力がばれてしまった現状、この書き方は少し大げさだったかもしれませんが笑、メカニズム自体は大真面目で書いてます)

例えば、読書はハリーポッターシリーズの終盤に入っており、読んでいる内容はほぼ全て理解できますし、PodcastやYouTube動画も低年齢向けやゲームなどのカジュアルなものはほぼ完全に理解できます。

(編集後記:ハリーポッターシリーズを無事最終巻まで読み終え、今はロードオブ・ザ・リングスの序盤です。Podcastも大人が話しているものに切り替えましたが、無理なく理解できます)

ここから、より高度な小説、大の大人や知識人が真剣に話し合っているものを読み聞きできるよう、少しずつ水準を上げていく予定です。(もちろん自分が興味の持てる媒体で)

さっき書いたように、この”英語が分かっている状態で大量の情報処理をする”ための前段階、”言語として英語がだいたい掴めている状態にする”のがこの記事の目的です。(世間一般ではこの段階で英検1級レベルですが)

ただ、最初に言っておきたいのは僕自身は英検1級を取得していません。僕が1級を受験した4,5年前、1次試験(読み書き聴き)に受かり、2次試験(スピーキング)に落ちました(確か1点足りなかった)。それ以来英検は受けていません。

その時の英語力はよく覚えているんですが、正直やっと英語に慣れてきたなという程度で、スポーツで言う“体の動かし方は知ってるけど、かなり意識しないとそれを再現できない”という状況だったと思います。

今、かなり自由に英語を理解し使うことができる状態になりつつある自分が”体が無意識にベストなフォームで動く”とすれば、そこに大きな隔たりがあることは否めません。

「じゃあ今改めて英検を取れよ」という話ですが、働き始めにTOEICの点数を提示(無勉の860、ちなみに英検は相応の対策をした結果です。英語の資格関連の試験は対策で100点は変わります)してから普通に業務で使えているので、公的な英語力の証明はこれ以上求められません。

個人的に“資格”というシステムが嫌いで、自分の人生において自分の価値評価の基準を資格や学歴、ポストの肩書にしたくないという思いが強いこともあり、英検は今後も受けないでしょう。

(個人的に、自分自身の存在を条件をつけることなく認めてあげる、というのが長年の課題になっています。同じような気持ちに苦しんだことのある方に向けて、いつか記事を書けたらと思います。)

そういうわけで、記事のタイトルは「英検1級に受かった方法」ではなく「英検1級レベル」としました。

さて、前置きが長くなりましたが、こんな僕のやり方でいいなら、どうぞチェックしてみてみてください。

楽な方法ではないですが、(大学時代授業と実況見る以外はたいがいこのルーティンをしてました。結構時間がかかるがその時間分英語に触れているということなのでそりゃ脳の回路も変わってくる)マジでやればとりあえず純日本人の上位10%には入れます。

そこまで行けば英語でゲームしても動画みてもひとまず面白いと感じられる所までは行くので、それ以降はそれぞれの好きなものを目いっぱい楽しみましょう。

Contents

まとめ

例によって先に大まかなまとめを提示します。

僕が大学から本格的に英語学習を始めたので、基本的に高校卒業程度の英語力を想定してますが、自信がない人向けにも少し付け足します。

~Procedure~

1. “1億人の英文法”で文法を感覚に落とし込む

2. “Vocabuilder”で12000単語覚える

3. 毎日”FRIENDS”を英語音声英語字幕で観る

(4. 英検1級各大問の参考書を2周する)

※2,3は同時

まず、高校英語があやしいという方は、”ターゲット1400″、”大岩のいちばんはじめの英文法”、”やっておきたい英語長文300″などを大雑把に勉強して、センター試験や共通試験で最低6割、できれば8割取れるようにしておいてから上記の手順を踏んで下さい。

想定の期間は、タイトルにも書きましたが、2年。しかもそれのほとんどは2,3のルーティンをいかに続けられるかが9割です。

イメージとしては、この記事でやっているルーティンをまんまVocabuilderとFRIENDSにする形ですね。

本当はこの時期から洋書に触れる方がいいのですが、このレベル帯の英語の本を集めるのはキビシイです。(ラダーシリーズってあんな薄いのに高すぎん??元々の言語的性質に加えて洋書のコストが日本人の英語学習のハードルを上げている)

洋書を読むとしてルーティンが莫大になりすぎて絶対続けられないし、僕がなんだかんだこれで来れてるので、まあいいかなと。

では1つ1つの項目を詳しく解説していきます。


1. “1億人の英文法”で文法を感覚に落とし込む

まずは、文法の復習を行います。既に英文法が比較的新鮮な状態で頭に入っている大学生なども、このステップを飛ばさないことをおすすめします。

というか、ガチガチの”受験英語頭”の人こそ、読んだ方がいい。

というのも、経験があるので分かるんですが、受験英語って相当偏差値が高い所まで行っても所詮パズルみたいな感じの解き方をするんですね。知ってる表現と単語をつなぎ合わせるみたいな。

それは本来の英語が自然に分かる人の頭の状態とかけ離れているので、早めに矯正しておきたい。

ここで一旦書籍を紹介しておきます。

この本は1,2週間で2周ほど読むといいと思います。

学べることは大きく2つあり、1つ目は英語の語順の性質、2つ目は前置詞のイメージです。

この2つを頭に入れて今一度知っている英文を読んでみる。そうすることで、今までの受験用のパズル英語思考から、感覚的に、日本語のように前からただただ読んでいくだけで意味が分かるようになる素地が完成します。

これをやっているとやっていないとでは、特にSTEP3のFRIENDSの時に、いくら観ても頭に入ってこない…ということになりかねません。

言語はネイティブにとってただ”そう言ってるからそういう意味”となるはずで、本来理解に複雑なプロセスは必要ありません。

そんな感覚を自分に落とし込んでおくことで、英語がそのまま分かるように脳を切り替えていく訓練をする準備ができたと言えるでしょう。

といっても、あまり固くなって完璧主義になっても読書がつまらなくなると思うので、雑でもいいからさっと2周読む、程度の認識でいてくれたら良いのではないでしょうか。


2. “Vocabuilder”で12000語を覚える

この項目は、「3. 毎日”FRIENDS”を英語音声英語字幕で観る」とセットで説明させてください。

最初に言ったように、この2つを1日のルーティンとして、できる限り(というかほぼ絶対に)毎日続ける、というのが、この記事のコアであり、80対20の法則における80の方です。(つまりこの2つをしっかりこなせれば僕がやってほしいことの8割はできたも同然。)

ではまず、Vocabuilder

ここでは、英語学習における一つの節目、12000単語を先に覚えてしまおう!という、かなり意識の高いやり方を採ります(笑)

「きっつ!!」と思うかもしれませんが、習慣さえ作ってしまえばなんとかなります。また、今の僕が覚えた12000語の意味を全て即答できるかというと、多分そんなことはないので、あまりシビアに考えすぎない方がかえって得です。

ただ、一度覚えた単語と完全に初見の単語は、読書やその他メディアで出てきても感覚として全然違くて、その意味で先に(厳密にはメディアに触れるのと同時進行で)インストールしておくのは僕にとっては必須です。

具体的には、知らない単語だと完全に文脈に頼らなくてはならないのに対し、忘れた単語はイメージだけでもだいたい同じような意味(意味がマイナスかプラスか等)を当てることができます。

また、文中に知らない単語だらけだと「この文章はまだ自分には早い」と思うのに対し、覚えたことのある単語が並んでいると、「いうて12000語に入ってたやつが大半か、いけるな」となります。

そもそも、もし受験英語までの語彙力でメディアに触れようとすると、控えめに言って読めるもの聴けるものってほとんどないんですよね。

ネイティブスピーカーと違って言語の能力がなくても人生経験として年齢分のものを楽しんできたので、今更幼児のためのものを意欲的に処理していく気持ちにならない反面、語彙は小学生以下なのがその理由です。

なので、無理やりにでも語彙を増やしてやって忘れたものは後でいくらでも調べる、とした方が(今はすぐググったり電子書籍でワンタッチで意味が出たりとハードルが低い)より、今の自分が母国語であったら楽しめたであろうもののレベルに近いものも取り入れられるということです。

ちなみに12000という数字は出版社『アルク』の“レベル別語彙リストSVL12000”に由来しています。(Vocabuilderの中身もこれに準拠しているはずです)

このリストの詳細はリンク先を読んでいただければ分かりますが、端的に言うと、これを全て覚えてから英検1級の単語集を勉強したら、語彙が原因で”全く”分からない文章は、専門的なもの以外ではなくなります。

(といっても、完全に読みこなそうとするともっと上があります。僕もTOEFLの単語集などを今も進めています。このルーティンが終わった人用の上級者用単語集も別の記事で紹介予定)

さて、なぜいきなり12000語が、という説明はこれくらいにして、具体的にどうやって進めていくかを説明しましょう。

まあこれもVocabuilder本家にアクセスして、記事を読んで頂くのが一番いいとは思いますが、僕が端的に説明すると、いわゆるフラッシュカードで単語を暗記するサイトになります。

今の時代、『Anki』や『Quizlet』など、無料でカードが自作できるアプリもありますが、僕は月額5000円ほどをかけてもこちらでやる方が良いと考えます。

理由はシンプルで、単語のスペル、発音の音源、発音記号、意味を全て含んだカードを作るのが大変すぎるから。12000語ですからね(汗)

Vocabuilderでやれば他の暗記アプリ等と同じように、簡単な操作でAIが勝手に忘却曲線に沿って適切なタイミングで復習問題を出してくれるし、自分で一日のノルマ(新出単語や再出題の枚数など)も細かく設定できるので、個々の目標や期限に合わせて暗記のペースをカスタムできるのも強みです。

僕は後述のFRIENDSを観る方法もVocabuilderも、英語を本格的に身に着けると決めてから一旦徹底的にリサーチして、自分が一番良いと思ったいくつかの方法に絞って徹底的にやると決めてスタートしました。

当時は今と違ってビジネス書のノウハウや自分で一生懸命考えた経験も少なかったと思いますが、われながら悪くないプロセスを踏んだかな、と感じています。(それでもこの時期から洋書に触れてればと思わないこともない。しかし、やはり語彙が足りないと分からなすぎて苦痛になっていただろうので、結局こうなってたかも)

Vocabuilderの学習記事にも書かれていますが、英単語の暗記は習慣化が最も大事で、僕はこれを始めてから、基本的には起床してすぐに取り組み、大学通学中には登校するまで、長期休暇中には昼食までにしっかり終わらせていました。

終盤で難しい単語が多くなってきて、再出題の単語がたまり、多い日には2時間くらい朝からぶっ通しで問題に答え続けていたこともありましたが、これは時間の使える大学生だったからできたことで、社会人など忙しい方はとにかく続けることを最優先で考えて、量が多くなってきたらノルマを少なくしてみる等、適宜対応すると良いでしょう。

これがこの記事の核の前半です。ちなみにVocabulderの基準のペースは新出単語が1日30個の月約1000語、1年で12000語を一通り覚えきる計算になりますが、僕はこれをだいたい1年半続けました。基本的にはデフォルトのペースで進めましたが、終盤の単語が覚えられているか自信がなかったので、その辺りを固めるのにプラスの期間がかかりました。

これを薦めて始める人がそもそもほとんどいないですし、初めてもある程度のクオリティで完走できた人は僕の少ない交友関係ではいないです。(笑)

まあ、だからこそ差がつく部分ではあるのかな、ということで、やる気のある人はぜひ続けてみて下さい。

街中で覚えた英単語を見かけたら毎回意味を言って嫌がられるようになったら一人前や!w


3. 毎日”FRIENDS”を英語音声英語字幕で観る

Vocabuilderと並行して毎日続けてほしいのが、アメリカのドラマ“FRIENDS”の視聴。ちなみにドラマを観る的な手法は絶対に「タイトルは他のでもいいの?」という声があると思いますが、僕は初めての作品に限りFRIENDSで決め打ちしても良いと思っています。

こういう「上達」を目標とする分野で初心者が自分でやり方をカスタムしだすと、基本いい事がないのはなんとなく分かるのではないでしょうか。

「守・破・離」という言葉もあるように、まずは愚直に先人の足跡をたどってみて、それから自分で考えてみましょう。

さて、このFRIENDSの手法ですが、この記事における”言語への慣れ”を長期的に脳にインストールするための試みです。

以前も書いたように、言語とは特有のリズムや音程運びから逃れられないという性質があり、それを繰り返し体験することで、自身に刻み込むというわけですね。

もっと言うと、“感情”と”音”をリンクさせることにより、ネイティブスピーカーと疑似的に一体化するという狙いもあります。

なにはともあれ、このやり方は軽く試してみるのが楽なので、一度1週間ほど続けてみるのも手だと思います。(Netflixやfuluなど動画ストリーミングサービスに必ずと言っていいほど入っているド定番のドラマです。放送当時は人気すぎて社会現象にすらなりました。)

ドラマ英語字幕視聴の手順

1, 1日最低1話において下記を行う

2, 日本語音声日本語字幕で普通に楽しむ

3, 英語音声英語字幕で観て表現の理解に努める(余裕があれば2回観る)

けっこうシンプルですね。

補足をすると、1について、まず僕の場合は時間があったので1日2話でこれをやってました。

また、2は視覚と聴覚の両方でストーリーの情報をしっかり取り入れてほしいから日本語字幕もつけました。海外のものに限らず、僕は日本のアニメを観る時にも日本語字幕をつけます。(アニメを見てるのに半分くらい小説を読んでいるような気分になるので、特に視覚優位の方におすすめです。)

そして、3に関しては、少し詳しく書かなければなりません。

まず、英語字幕英語音声で聴いた時に人によって理解度にけっこう差がでます。それは何が原因がというと、英語のリーディング力の差です。

僕達日本人はよっぽどでない限り、基本的に英語に関しては視覚優位です。つまり聴く・話すより読む・書くの方が得意です。これは特別な訓練をせず普通に学校に通ったり受験をした大部分の人に当てはまります。(最近の教育では改善されているのかもしれませんが、少なくとも200X年代以前に学生だった方はそうでしょう。)

そんな僕達がいきなりネイティブの自然なスピードの会話を聴いた所で、正直無理なんですよね。そこで補助、というかこのタイミングでは理解の8割方を占めるのが英語字幕によるリーディング。

ここの能力は受験時代にどれだけ磨いたのかでけっこう変わるのかな、とは正直思います。で、僕は幸いなことに受験時代、英語の偏差値に関してはけっこう高めでした。なのでこのステップの仕方でもうまくいった。

ですが、そこに自信がないという方は少しアプローチを追加した方がいいかもしれません。

具体的にはステップ2と3の間に日本語音声・英語字幕の回を作りましょう。海外作品の翻訳は、実は字幕より音声の方が元々の意味にはるかに近いことが多いです。字幕は明確に字数制限がありますが、吹替は同じ秒数で似たような情報量を詰め込めるからですね。

このセクションで少し一時停止なども入れながら、意味と英語の文をリンクさせていく作業が必要になると思います。

といっても、これも単語暗記と一緒であまり完璧主義にならないでほしい。言語は知識と慣れ、と以前書きましたが、双方とも、まずは続けないと話になりません。逆に言うと、僕の経験上もそうなんですが、長期的に上がってるかどうか分からん時期があったかと思うと、気づいたら自然とできるようになってます。

これは言語が勉強ではなく、スポーツや自転車、泳ぐなどといった行為と同じ、体で覚える類のものだからです。

最近僕がハマっている、「FPSゲーム」というジャンルにも似たような上達工程があり、ここで重要になってくるのは才能でも短期間の努力でもなく、「ゆるゆると長く続ける習慣」です。

なので、「英語字幕とか音声にしたとたん、あんまり分からんなあ」と思ってもとにかく毎日次のエピソードを見てみてください

ヒットしたドラマだけあって、キャラもストーリーもしっかり作られていて、少し古い作品ですが、今でも十分楽しめます。

続きが気になって毎日単語を覚えた後にFRIENDSを観るのが楽しみになったらしめたものですね。やはり「楽しむ」に優るものはありません。

以上、「2. “Vocabuilder”で12000単語覚える」と合わせて、僕が1年半くらい続けた2つの習慣でした。

これが終わったころには、たいがいの文章で半分以上意味の分かるボキャブラリーと、英語という言語の意味や感情と音の繋がりが形成されます。

この習慣を続けていると、英語が上達しているか確かめたくて、YouTubeやNetflix、書店の洋書コーナーやGoogleの検索結果などで、どれくらい自分が英語を理解できるか試したくなります。

僕もアニメの英語版やYouTubeのゲーム実況などを観てましたが、めちゃくちゃ楽しい!とまでいかなくても、受験で英語そこそこやったくらいじゃリアルのものは全然わからんな→まあまあ分かるようになった!くらいまでにはなります。

ここまで来てから後述の英検1級受験、そして短期ではありますが、留学というのが僕のルートでした。今の僕ならFRIENDS・Vocabuilderが終わった段階で、たびたび出しますがこの記事の洋書読みに入ると思います。

英語の音、イントネーションに体が慣れてきた状態で文章のストーリー(人の感情が動くもの)に触れると、音声が脳内で容易に再生されるんですね。この体験でもう一段階英語が生きたものになりますので、ぜひ習慣にしてください。

言語関係なく、読む習慣がある人とない人では圧倒的に頭の働きの程度が違うのは、僕の経験上明らかです。

そういう意味でも、英語というフィールドでもどうせならどんなメディアでも楽しめる教養のある大人になりたいですね。(海外のジョークはウィットに富んだものも多く、理解力が高いに越したことはない)

次の段落では、このルーティンを1年以上続けて2,3があらかたできた前提で話していきます。


4. 英検1級各大問の参考書を2周する

さて、僕が2年で英検1級ほぼ合格まで至った最後のステップ、それが試験対策です。

ちなみに、このセクションは資格等を特に考えていない方に関してはほぼ飛ばしてもらって結構です。

ただ、英検1級の単語集“パス単”は入手しておいても良いと思います。

Vocabuilderで12000単語覚えると、大変だった事もあって「よし、英語の語彙に関してはもう大丈夫や!」となりがちです。

ですが、実際はやっと入門編が終了した程度。世の中にはまだまだ知らない単語が山ほどあります。

それを手っ取り早く体感するという意味で、英検1級の単語をざっと見ておくというのは、けっこうおすすめです。(今後は出会った単語をkindleやgoogleで調べていくので、この本をゴリゴリ暗記するのは特に必要ないです)

そして、僕と同じように英検1級で腕試しがしたいという方。

その場合は過去問と各大問専用の問題集(たしか語彙・イディオム、リスニング、長文読解の3冊)を最低2周しましょう。(リンクは割愛します)

今まで培ってきたボキャブラリーと英文への耳と目の慣れを、試験対策を通して定着させます。

この時点で過去問を解いて合格点を越してくることが珍しくなくなってくるので、かなり自信になります。

2次試験は英語の流暢さ以外にも社会全般への知識などが求められ、難しいのですが、少なくとも僕達が目指している「本や動画などのメディアを自然に楽しみ、英語を上達していく」という状態へのベースは、1次試験で合格点が出せる時点でほぼ完成しています。

おわりに

大学1年と2年でこれらをこなした後、僕は1級の1次試験に合格しアメリカのとある都市に短期の留学をしました。

そこで色んな国籍の人と友達になったり、働いてみたり習い事をしたりしたわけですが、その話はまた別の機会に取っておきましょう。

正直このブログの更新が長期間滞っていて、僕自身どのようなスタンスで執筆していけばいいのか迷っています。

ただ、僕が何かをググる時はたいてい、情報が欲しい時と自分の仮説を検証したり、他の人がどう考えているのが知りたい時です。

なので、そのようなニーズを満たせるものを供給していけたら、とぼんやりですが考えています。

今後も、何かしらの形で人に影響を与えられる事をしていきたいので、よろしくお願い致します。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったら、ぜひ家族・友達にも教えてあげよう!ブックマークもよろしく!
Contents
閉じる