【Apex Legends】最強のFPSフリークはこれだ!メリット・デメリット徹底解説!【ボルテックスvsギャラクシーvsエッジvsナイトフォール】

昨日は久々にパッド関連の記事を投稿したが、今日も引き続きコントローラーについて書く。

今回のお題目は、フリークについて。

フリークはFPS初心者のパッドプレイヤーにとって、なくてはならないものだが、今回はそもそもなぜフリークが必要なのか、という所から始める。

そして、フリークの利点について分かった所で、形状・長さ等の観点より、オススメのフリークを紹介していく。

さっそく始めよう。

※この記事において、「パッド」と「コントローラー」という単語を使い分けているが、リズム的な調整のためで、意味上の違いはない。

Contents

FPSにフリークが必要な理由

まず、そもそもなぜフリークが初心者にとって必須のアイテムなのか。

それは、パッドでFPSをすることの難しさにある。


元々コントローラーというのは、ボタンを押すという0か1か、というアクションをするために作られたデバイスだ。

例えば、初期のハード、ファミコンやスーパーファミコンのコントローラーを思い出してもらえば分かるが、十字キーとボタンのみで構成されている。

これはつまり、0~1の間をグラデーションのように変化させる入力がなかったことを意味する。

しかし技術が発展し、3Dの空間でアクションをするゲームや、斜め入力を含む360°方向への入力が必要なゲームなどが現れ、そのような中間を入力できる機構にすることで、プレイヤーの意図する操作を実現する試みが行われた。

それがスティックだ。(任天堂64では3Dスティック、プレステではアナログスティックと呼ばれた)



ここまではコンシューマーゲームの話。

一方で、PCゲームの領域では、一足先にFPS(First Person Shooter)が流行った。

一人称視点で銃の照準を操作し、相手に合わせて撃つ。

このようなリアルに近いゲーム性は、マウスという直感的に扱えるデバイスとの相性が良く、ユーザーに受け入れられた。


そして、プレイ人口が多い=市場が大きく、稼げる可能性の高いコンシューマーゲーム界は、売れそうなものは何でも取り入れる。

こういった経緯で、FPSゲームの家庭用ゲーム機、つまりパッドで操作するハードへの移植が始まったというわけだ。


当然コンシューマー機では、本家PC・FPSの照準の移動感を再現するために、ボタンではなくスティックでの操作が一般的となった。

とは言っても、デバイスの特性ゆえ、スピード感のある試合でマウスのようなスピード・正確性を出すのは難しい。

実際、当時流行った言葉として「パパパパッドでFPS?wwww」がある。



そこでまず考案されたのが、エイムアシスト

スティックでも敵に照準が合わせやすいように、レティクルが敵に近くなると自動で感度が遅くなったり、若干だが近距離で敵を追尾する機能もある。

どのデバイスでも極めれば強いと言えど、プロ界隈でも「パッドと近距離で1on1はするな」という風潮ができたのは驚きだった。


いわゆるエイムアシスト問題、と言うやつだが、今でもPCゲームだったFPSをコンシューマーに移植する過程の中にあり、企業側は調整に苦心している段階なので仕方がない。

(この間リリースされたSwitch版でも、低スペックでもなんとか遊べるように視野角70固定など、家庭用ハードでも楽しめる工夫をしている。)


プレイ人口が十分にいれば、公平を期すために同じ種類のデバイスを使っている者同士のみ戦わせるのが理想だろうが、現状は「各々にメリット・デメリットがあり、自分が使いたい方を使おう」という方針になっている。

もちろん、いわゆるクロスプレイというものも含むが、違うデバイスを使っていても一緒にゲームができるというメリットもあり、僕はPS4のフレンドもいるので良いと思っている。



話がそれたが、エイムアシストが導入されて、特に近距離で当たりだしたら一気に当たる、という事象が生まれ、コントローラーにも優位性ができた。

ただ、それでもエイム全般を考えると、キーマウの直感的な操作に比べるとどうしても劣る。(一般的には)

そこで、スティックでより正確なエイムができるよう考案・開発されたのがフリークだ。


フリークは、簡単に言うと、スティックの高さを増すことでその半球運動の半径を伸ばし指を動かす体感の距離に対するゲームへの入力の反映を少なくし、感度を低く、精密な射撃ができるようにする効果がある。

(キーマウにもパッドにもゲーム内感度の設定があることを考えれば、フリークはマウスでいうマウスパッドや机の高さなど、物理的環境に属するものと言える。)

また、フリークの先端はコンシューマーのコントローラーよりもFPSに特化した形状になっており、様々な種類があるが、基本的には指との接地面積を増やすことで、操作をしやすくするといった狙いがある。



パッドでFPSゲームを操作することに慣れていない人が、どうして上手い人に比べて照準が合わないのかというと、親指の倒し具合とゲームでの動きが脳内でリンクしていないからだ。

そこで、まずはフリークにより、顕微鏡で拡大するよう合わせたいゲーム内座標と対応する指の物理的範囲を増やし、親指で照準を動かす神経を強化していく。

慣れてからはフリークを外し、より親指の感覚を精密にし、スティックを倒すスピードと正確性を両立しようというのが、フリークの本来の目的だ。


なので、自転車の補助輪のようなものと考えてほしい。有名なパッドプレイヤーの多数がフリークを使用していないことを考えると、レベルが上がると自然と外れるものだと思われる。

自転車だけでなく、スポーツでもそうだが「体が覚える」いう事象がある。パッドに慣れるというのはそれに近く、熟達すればエイムアシストの恩恵もあり、マウスプレイヤーのエイムを越えることも夢ではない。

FPSパッド初心者は、フリークを使おう。

この章のまとめ

歴史的に見るとコントローラーでFPSができるのは、ゲーム産業の経済的都合や、敷居の低い家庭用ハードでも遊んでほしいという利他主義によるもの。本来は直感的に操作できるマウスと違い、パッドでFPSは難しい

その難しさを少しでも緩和するために、マウスとの最大の違い、スティックを今より使いやすいものにできないか、という意図でフリークが作られた。なので初心者は慣れるまでフリークを付けてプレイすることを強くオススメする。


二大フリーク・ボルテックス&ギャラクシー 徹底比較!!

フリークについて、多少なりとも調べたことのある方はご存じだろうが、基本的にシェアの上位2機種が市場を独占していると見ていい。

それが、ボルテックスギャラクシーだ。


この章では、この2つに絞って比較・分析し、特に初心者にオススメのフリークはどちらか、というのを決めていきたい。

※ちなみに本サイトでは右スティックのみのフリークの着用を推奨している。左スティックはキャラの移動(キャラコン)なので、むしろ機敏な挙動が必要。よって左スティックにフリークは必要ない

てっぺんのデザイン:ボルテックス=〇 ギャラクシー=◎

フリークにおいて、てっぺんの形状は非常に重要である。

親指と直接触れる場所なので、操作感に大きく影響を与えるからだ。


まず、ボルテックスのてっぺんのデザインは、中心部が高く丸みを帯びている。(肉まん型)

対して一般的なスティックのてっぺんは、中心が少しへこんでいる平面で、ふちが少し盛り上がっている。

よって、ボルテックスは一般的なスティックのてっぺんと比べると、指が包まれる感覚が全くなく、自由に指を動かせる。その反面、サポートがないので自分の指の感覚次第、という感が強い。

また、一応螺旋状に滑り止めが施されてはいるが、あまり大きな効果はない。


一方で、ギャラクシーのてっぺんの形状は、でこぼこしたすり鉢状。(くぼみ型)

デフォルトのスティック以上に指が包まれる感覚が強く、また滑り止め効果も高い

良い意味でも悪い意味でも、フリークによるアシストが強いのはギャラクシーだろう。

(悪い意味というのは、ギャラクシーに慣れると普通のスティックがより難しく感じてしまう可能性があるということ。)

フリークの高さ:ボルテックス=〇 ギャラクシー=◎

ボルテックスとギャラクシー、この2つを並べてみると、ほぼ同じような高さに見える。

しかし、装着して実際に使用してみた感じ、ギャラクシーの方が高く感じられた


これは、ギャラクシー使用時に指が当たる部分が、すり鉢の端にある高い所、そのでこぼこの出っ張り部分だからだ。

それと同時に、指の腹が丸みのある凹部分にフィットし、中心部にもしっかり接している形になっている。


この高さの感覚の違いはゲームプレイ時にも感じられ、フリークの機能である「スティックを高くして指の体感距離についての感度を下げる」という効果はギャラクシーの方が大きく感じられた。

ここは好みの部分であるので、フリークならではの精密な射撃がしたいならギャラクシー、デフォルトのスティックを少し高くしただけ、という感覚が好みならボルテックスだ。

左右感度の問題:ボルテックス=◎ ギャラクシー=☓

ここまで分析してきた印象としては、将来デフォルトのスティックに転向するためのステップとして、アシストの少ない環境で指の感覚を鍛えるならボルテックス。フリークの利点を存分に生かしてゲタを履くならギャラクシー、という見方ができる。

しかし、ギャラクシーには一つ問題がある。


それは、すり鉢状の接地面は左右の感度を微妙に違えてしまう、ということだ。

説明しよう。まず右スティックを動かすのは当然右親指なわけだが、右親指はコントローラーを持っている右手から生えているわけで、つまりスティックの右斜め下から伸びてくる。

すると、どういう事が起こるのかというと、スティックを右に倒す時はすり鉢の右壁面を引っ張る形になるのに対して、左に倒す時は、すり鉢のへこんでいる部分を押す形になる。

これにより、体感の感度が変わってしまうのだ。早い話、右に倒す時の方が左に倒す時より感度が高い

なので、そこに慣れることができるか、というのがギャラクシーの1つの課題になる。


これは決定的なデメリットかというと、意外にもそうでなくて、少なくとも僕は、ApexではないがFortniteの上位プレイヤーでギャラクシーを使っている人を知っている。(海外プレイヤー)

なので、これについても結局は好き好きだが、留意しておく点ではあるだろう。

また、この問題はボルテックスでは起こりえない。なぜならボルテックス着用時、親指との接点はてっぺん中央部の出っ張りのみだからだ。

これがメリットばかりではないのは「てっぺんのデザイン」で書いたが、少なくとも左右感度の問題は起こりえない。


ちなみに各ハードのコントローラー、デフォルトのスティックも確かに中央がへこんでいる。

しかし改めて触ってみても、これらのスティックのてっぺんは中央の平らな部分の面積が大きい。

よって左右どちらとも親指の腹で押す感覚になり、問題はない。


結論:初心者全般=ボルテックス 超・初心者=ギャラクシー

これら3点の要素を考慮し、僕の出したベストフリークの結論は、もちろんボルテックスだ。


確かにギャラクシーは初心者に嬉しいアシスト要素が満載で、実際僕もフリークを使い始めた時は愛用していた。

しかし、フリークを自転車の補助輪、上級者への架け橋と考えるならば、僕達の第一の目標はフリークからの卒業だ。

であるならば、ボルテックスの形状に慣れ、周りで支えてくれるふちの出っ張りや、すり鉢状の壁がない状態でも易々とスティックを扱えるようになった後、デフォルトのスティックへステップアップするのがベストではないか。


ギャラクシーの感度の左右差は、慣れの問題で解消できてしまう。

しかし、だからこそ、左右差のないボルテックスやデフォルトスティックに移行した時に、違和感が大きい。

左右の度が違う眼鏡に慣れてしまうことで両目の視力に差ができてしまうようなものだ。


よって私は、初心者全般に対してフリークのボルテックスを推奨する

しかし、超初心者でボルテックスでもスティック操作が難しい、という人はギャラクシーでも良い

上に書いた通り、ギャラクシーは感度の左右差に目をつぶれば高さや滑り止めの観点で、大きなサポートを施してくれる。


デメリットも大きいが、操作がおぼつかなくてやめてしまうよりは、ギャラクシーで少しでもエイムやキルを体験した方がいい。

全ては慣れであり、つまりは時間が解決してくれる。(左右差の解消も)

ギャラクシー⇒ボルテックス⇒デフォルトスティックの順番で成長していくのも、悪くないだろう。


以上だ。

今回分析した2商品のリンクを貼っておこう。

【後日追記】この後に、フリーク「エッジ」・「ナイトフォール」の章を追加した。双方とも多大なメリットがあるので、ぜひチェックしてくれ!!










※1. 現在似たようなブランドの類似品が売られているが、正規品の名称は”KONTROL FREEK“だ。お間違えのなきよう。

※2. あと、PS4用はSwitchプロコンにも使えるが、Xboxコン用は下2つなので、それも注意。


短いフリークなら「エッジ」

この『KONTROL FREEK』シリーズには、もう一つ紹介しておくべき商品がある。

それが、『エッジ』。

これまで紹介してきた2商品と比べ、知名度・オススメ度は劣るものの、一つだけ卓越した点があるので、そこだけ注目してほしい。

まずは、長い方のフリークを上述の2つと比較してみる。

正直、これはボルテックスの下位互換と言っていい。

高さはほぼ同じだが、中央に中途半端な切れ込みがあるために、若干すり鉢状のデメリット(本文で述べた)が発生してしまう。

こうして見ると、やはりギャラクシーは背が高い。ボルテックスよりもさらに初心者向けと書いたが、間違ってなかった。

そして、次に短い方のフリーク。実はこちらにエッジの神髄が隠されている。

見れば分かるが、短い方のフリークは、ボルテックスもギャラクシーもすり鉢状をしている。

しかし、エッジの短い方は、なんと凸型なのだ。(高さはボルテックスと同じくらい。)

これには大変なメリットがあり、それが何かというと、これまで語ってこなかった、「フリークなし→フリークあり」という移行が可能になるということだ。

ここまでフリークは、FPS初心者救済の秘密道具的な観点で話してきたが、人によっては、「これまでフリークなしでプレイしてきたけど、ちょっとコントロールしやすくしたい。でも長いフリークは慣れないなあ」という人もいる。

そうなると短い方のフリークが候補に挙がるわけだが、紹介してきたボルテックス&ギャラクシーは短い方がすり鉢状。プレイ歴がそこそこあるパッド中級者には、デメリットが大きい。

横から見た図

ここで、エッジの短い方の出番になる。

今までのフリークなしのスティックに、文字通り少しゲタを履かせたような感覚で、しかも凸型なので左右感度の体感差もない。

また、長いフリークに慣れてきて、短いフリークに乗り換える際も、エッジの短い方は役に立つ。

「ボルテックスに慣れてきて短い方に付け替えてみたら、なんか思ってたのと違った」という人は、すり鉢状に変わったからだが、凸型なら大丈夫だ。

唯一デメリットを上げるとしたら、てっぺんの手裏剣みたいなデザイン。滑り止めの用途だろうが、スティックを倒す時にボルテックスにはなかった抵抗感が発生するので、そこは好みが分かれるところ。

いずれにせよ、これまで「スティックなし↔長フリーク」だった右親指のカスタム性が、エッジの導入により、「スティックなし↔短フリーク↔長フリーク」と、凸型を保ちながら徐々に調整できるようになった。

自分の上達度を鑑みたり、細かい要望の実現を目指して、使用してみてほしい。


ギャラクシーのデメリット解消→ナイトフォール

エッジの章を追記するにあたって『KONTROL FREEK』シリーズを改めてリサーチすると、「ナイトフォール」という商品が追加されていた。

これは、凸型高層スティック(長さはギャラクシーと同じ)2本の商品で、短いフリークが付属していない代わりに、ギャラクシーのすり鉢状のデメリットを解消できる

しかも、ただでさえ高さが出るギャラクシーよりも、さらに2mmほど高い超コントロールタイプのフリークで、アマゾンの評価がすこぶる良い。

実際に買ってみてしばらく使用してみたが、表面のデザインは凸型でもすり鉢状でもなく、「平型」という呼び方が一番しっくりくるなと感じた。

純正コンのスティックの面積を大きくして、滑り止めをつけたような感覚。しかも、黒色なのでどの色のコントローラーでも合わせやすい。

使用感も、純コンスティックに似ている関係で、以下の記事で紹介した親指の第一関節あたりでエイムするやり方も、そのまま適用できる。

先っちょがとがり気味のボルテックスから見ると、平べったくしてさらに長くした恰好になり、滑り止めのざらざら感さえ気にならなければ、万人にオススメできる最強フリークかもしれない。

あと、地味にスティックへ引っ掛ける取り付け部の爪が3つから4つになっており、さらにガッチリ固定されるようになったのも、ポイントが高い。

※体感の高さは、ギャラクシーとほぼ変わらなかった。

「ナイトフォール」の登場により、全て非すり鉢型で揃えるなら、以下のようなラインナップになる。

長い順に、ナイトフォール」→「ボルテックス」の長い方→「エッジ」の短い方

参考になると幸いだ。

【編集後記】

上手くなるためには、フリークも重要だが、自分に合ったコントローラーを選ぶ必要がある。

下記記事が参考になると思うので、よかったらどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったら、ぜひ家族・友達にも教えてあげよう!ブックマークもよろしく!
Contents
閉じる