【FPS】フリーク・ボルテックスの偽物と本物を徹底比較!!(偽物では上手くなれない理由)【Apex Legends】

僕が長年使っていたフリーク・ボルテックスが、なんと偽物だったことが判明した。

そういえば、ボルテックスを買った時は、まだパッドを始めて日が経っておらず、続けるかどうかも半信半疑だったので、メルカリで安いものを買ってしまったのだった。

この度、しっかり本物のボルテックスを買ったので、偽物と本物を徹底比較し、メルカリの安いフリークを買うか迷っている人の、参考になればと思う。

それでは始めよう。

※ちなみに、偽物に気づいたきっかけは、最近弟もパッドを練習し始めて、アマゾンのフリーク公式(KontrolFreek JP)にてボルテックスを買ったことだった。送られてきた商品が僕のものとかなり異なっていて、びっくりした。

本記事を一言で表すと…

フリークの偽物は、安いけど性能が低い。上手くなりたいなら、本物を買おう

Contents

フリーク・ボルテックスの偽物本物の違い

※フリークは、右スティックに長い方を装着する使い方を想定しており、短い方については章末に少し言及する程度。

①素材感=見た目・重量→本物の勝ち

まず、普通にななめから移した写真をご覧いただきたい。

(左・偽物、右・本物。写真は全てこの配置で撮った。)

偽物は、よくある業務用の、太いゴムの質感と似ていてチープ感があり、色が薄い。

それに対して、本物はゴムとプラスチックの間のような固さがあり、色が濃い。

さらに、偽物は重さ2gだが本物は重さが3g。これにより、コントローラーに装着した時の親指への抵抗感も、わずかながら本物の方が大きい。

つまり、フリークによる感度低下効果は、本物の方が少し高い。(もちろん、フリークが重すぎると弊害が生じるが、本物の重さは、むしろ公式の他の製品に近づくので、使っていて違和感がない。)

②渦巻加工=滑り止め効果→互角

次は、真上から映した画像だ。

(左・偽物、右・本物)

実物を見ると一目瞭然なのだが、滑り止め加工の渦の深さが、全く違う。

本物は、盛り上がっている所に影ができるほど、はっきりと加工がされているのに対し、偽物はどちらかと言うと模様に近く、物理的な凹凸感も少ない

ただ、じゃあ偽物は滑りやすいのかと言うと、意外とそうでもない。僕は、むしろ本物にチェンジした後に慣れておらず、滑りやすく感じた。

しかし、その感覚も3日程度でなくなったので、滑り止めに関しては、慣れればどちらでも良いと結論づける。

おそらく、偽物のゴムのような質感は、素材自体の滑り止め効果が高く、刻印の薄さをうまく相殺しているのだろう。

よって、滑り止め効果は互角とする。

③凸型加工=フィット感→本物の勝ち

さらに、渦巻加工をよく見てみよう。

(左・偽物、右・本物)

本物は中央の盛り上がりを最も高くし、周辺にかけてなだらかに下降させていくデザインを採用している。

それに対し、偽物は渦巻の隆起がほとんどないので、元々の高さを凸型にして、なんとか誤魔化している。

画像では平面に切り取るので、分かりづらく申し訳ないが、両方をしっかり触って色々な角度から見てみると、本物の方が凸型形状がはっきりしている。

これに関しては好みが分かれる所だが、一般的に言って、凸型形状の方が親指にフィットしやすく、操作がしやすい。これが、フリークに凸型と凹型しかない理由でもある。

④高さ=コントロール性→本物の圧勝!!

最後に、真横から撮った写真がコチラ。

(左・偽物、右・本物)

わずかに、しかし確実に、本物の方が高さがある

これにより、親指の半球運動の表面積が増し、コントロール性能が格段に上がる。

見た目では少しの差に見えるかもしれないが、実際に操作してみると、本物の方が2・3割はうまくプレイできる。さすが本物!!

メジャーをあてて測ってみると、偽物が15.5mmで本物が17.0mm。(商品全体の数値。公式サイトでは「スティックに+11.3mm」とだけ書いており、全体の長さは不明。)

とりあえず、本物が1mm強長いので、明らかにエイムがしやすいと認識してくれれば良い。

もちろん、手のサイズによっては偽物が合う可能性もある。しかし、僕の「女性とそう変わらない」大きさの手でも、本物から偽物に戻した場合、感度が高く感じられてやりにくい。

結論

以上の比較より、フリーク・ボルテックスの本物は偽物に比べ、

  1. 見た目の質が高い
  2. わずかに重いので、感度低下能力が少し上
  3. 凸型の形状がよりはっきりしていて、指にフィットする
  4. 体感的にも数値的にも高さがあり、コントロール性能が段違い

という特徴があり、値が張ってもちゃんと本物を買うメリットが、大いにあると結論づける。

実際、偽物から本物にようやく交換できたことで、僕のプレイも明らかに良くなった。

次の記事にて紹介する、「フリーク使用時のエイムのコツ」を合わせ、カジュアルでは1日1回2500~3000ハンマーを取れるようになったほどだ。

よって、これからフリークを買う人は、必ず本物を買い、上達が遅れることがないようにするべきだ。プラスの金額を払うだけの価値は絶対にあるので、安心してほしい。

このようにスポーツでは、良い道具に投資することで、安いものに甘んじるより、結果的に早く結果が出せることが多い。

これまでの僕のデバイス遍歴で、「もっと早く買っておけば良かった…」と思う商品の記事を、ここに列挙しておこう。気になった人は、そちらもチェックしてみてほしい。

短い方のフリークも比較

ちなみに、短い方に関しても、素材感・刻印の深さと本体の高さで、ほぼ同じような違いがある。

また、凹型のへこみも、本物の方が気持ち深い。

(左・偽物、右・本物)×2

ここからはおまけとして、フリークの偽物・本物の見分け方を紹介する。


フリークの本物と偽物の見分け方

①偽物はパッケージが古い

偽物は、古いパッケージをカラーコピーして、大量生産している。

本物のパッケージは以下の画像なので、お間違いのなきよう。

②本物は裏に刻印がある

以下の画像をよく見てもらいたい。

本物(右)には、裏に「KONTROL FREEK」「Patent Pending(特許申請中)」と刻印されているのに対し、偽物には何の刻印もない。

お使いのフリークがちゃんと本物なのか、確認するのにも使える方法なので、覚えておこう。

次回は、上述の「フリーク使用時のエイムのコツ」を書く。

お楽しみに!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったら、ぜひ家族・友達にも教えてあげよう!ブックマークもよろしく!
Contents
閉じる